<< <証券監視委>粉飾の疑いで課徴金を勧告(毎日新聞) | main | 「和解協議向け動いてる」=細野副幹事長、原告と面会−B型肝炎訴訟(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「フライトうれしかった」=帰国の旅行客やビジネスマン安堵−モスクワ便到着・成田(時事通信)

 アイスランドの火山噴火の影響で欧州発着の航空機が欠航している問題で、モスクワ発の日航機が20日午前、成田空港に到着、足止めされていた日本人旅行客やビジネスマンらが帰国した。噴火の影響で欧州便に欠航が出て以降、一度にまとまった数の日本人が帰国するのは初めて。
 同機は、欠航したモスクワ便の客を乗せるため、成田空港を19日にたち、183人を乗せて到着した。同日昼ごろには、ローマ発の日航機も同空港に到着する予定。
 17日の便の欠航でモスクワに足止めされていた東京都中央区の団体職員竹田宏之さん(36)は「ビザの期限が18日だったため、大使館や領事館に行って延長するのが大変だった。フライトがあると聞いた時はめちゃめちゃうれしかった」とほっとした表情で話した。モスクワ空港の駐機場には、火山灰などが入らないようにするためエンジンにカバーを掛けた航空機が多数止まっていたという。
 甲府市からサンクトペテルブルクに単身赴任中のトヨタ自動車現地工場勤務の加藤潤さん(34)は、一時帰国の予定が延び延びに。最初、モスクワに向かう途中で欠航を知ったもののとりあえずモスクワに向かったが、やはり飛ばなかったという。「ヨーロッパ中が混乱しているが、自然のことだから仕方がない。帰国が遅れたので、3歳の子供と遊ぶ約束が守れなくなってしまった」とがっかりしていた。
 モスクワに2日間の予定で出張していた東京都大田区の会社員増本幸雄さん(56)は「2日ほど足止めされたが、無事帰国できて一安心」と安堵(あんど)した様子で「きょうはゆっくり休みたい」と話した。 

<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
旧海軍幹部の証言集刊行=内部批判、政府や陸軍に不満も−井上元大将ら・水交会(時事通信)
<トキ襲撃>犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • 00:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
サイドビジネス
クレジットカード現金化
探偵社
探偵事務所
クレジットカード現金化 比較
現金化
即日現金化
債務整理無料相談
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM